スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ブリザーブドフラワー
2006/07/10(Mon)
1905年以前は今のようにラベンダーを栽培するのではなく、山に登って野生のラベンダーを刈り取っていたとのこと。ここは彼の祖父の時代から100年以上ラベンダーを栽培しているアランカさんの農場と工場。

ここではBIOではないが、通常栽培とBIOの中間の栽培法をとっているらしい。中間とは、完全なBIOではないが、病気などの症状の出たうねだけ消毒したり、雑草の多いところにだけ除草剤を撒くなどした方法とのこと。
で、ここでは予想外にも、アレンジに使われる葉っぱを人工樹液につけてブリザーブドフラワーを作っていた。

この資格もかなり難しいものらしいが、結構手間がかかる割には儲けは少ないらしい・・・。日本にはかなり輸出しているようだ。ツアーの中に、アレンジの先生をされている方がいらっしゃったのでその後のお昼ご飯の時にブリザーブドフラワーの価格をお聞きしたら日本ではかなり高価になるらしい。
1本1ユーロくらいだったので、やはり間にいろいろ入って価格が高くなるのは市場の常なのだ。
その後かわいいホテルのレストランで昼食。ここの前のラベンダー畑は最高に美しかった~
スポンサーサイト
この記事のURL | アロマテラピー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<フランス ピクニック | メイン | フランス バランソール平野のラベンダー>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://hhharmony.blog108.fc2.com/tb.php/9-80e3f258

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。