スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
目に見えないものを学ぶ マヤの叡智
2012/06/02(Sat)
マヤの叡智 COSMIC DIARYの学校
Invisible University of Maya’s Wisdom
「コズミック・ダイアリー」著者 ホゼ・アグエイアス博士の代理人 柳瀬宏秀さんを彦根にお迎えして「マヤの叡智」講座の扉を開くことが出来ました!!!

日時:2012年7月14日(土)13:20~20時頃
場所:彦根文化プラザ 第2研修室 
講座:<講座「マヤの叡智」 7つのイニシエーション>
(1)「時間は、オーガニック・オーダー」というキーワードで、自然を観じる。
(2)「28日の自然時間」――新しい時間への旅立ち、機械時計の時間からの解放。
(3)「ツオルキンによる、高次元の時間へのアクセス」
(4)「13の銀河の音」の 構造――らせんの宇宙の構造の認識。
(5)「虹の橋の瞑想」――人が生きる意味。
(6)「預言は、時間のリアクション」テルマ、埋蔵経の秘教の真理。
(7)「ナチュラル・マインド・メディテーション」宇宙意識とつながる方法。

「マヤの預言の2012年は、あなたの進化のための日付です」

受講料:2万円(別途 コズミックダイアリー2013 )
お申込み・お問い合わせ:ホリスティックヒーリング ハーモニー 
info@hh-harmony.jp


講師の柳瀬宏秀さんは
「コズミック・ダイアリー」著者 ホゼ・アグエイアス博士の代理人 
コピーライター、CMプランナー、映像プロデューサーを経て、2002年の2月に電通を退社。現在、環境意識コミュニケーション研究所、代表、プロデューサー。


地球上の生命を育んでいる、太陽や月をまず、感じること。そして、大地を、地球上の自然を、草木を、昆虫を、動物を、山を、海を、そして、人を感じること。
人類が環境意識を取り戻すことによって、自然が再生していく可能性があり、地球の自然界が、循環していた状態に戻すことができる。
地球をひとつの生物圏として感じる、あるいは、「観じる」意識が欠如している限り、環境問題は解決できない。太陽や月を感じていない、いつ満月かも知らない、大地を、地球上の自然を、草木を、昆虫を、動物を、山を、海を、そして、人を感じていない人間に、環境破壊をとめることは無理なのだとまず、心の深いところに刻む
べきである。.....

まさにそう思います。私たちひとりひとりが自然を感じること、つながっていることを感じなければなりません。
このマヤの叡智を学べる機会を得たことに感謝です。
そして多くの方とご一緒できることを楽しみにしています。
スポンサーサイト
この記事のURL | 13の月の暦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。