スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
子どものアトピー、アレルギー
2010/06/09(Wed)
気がつけば今年はじめてのブログ・・・もう2010年も半年終わっていますよ、私・・・
気を取り直して、さあ~いきましょう(笑)!!

すっかり我が子も大きくなり、おかげさまで一歳になりました。

12月くらいから2月くらいまで子どものとてもひどい肌の荒れ、アトピーにとっても悩みました。
かゆいのでかきむしり顔が血だらけでかわいそうでした。さらに食物アレルギーも起こり、凹んだ日々でした。今は、お肌もきれいです。もちろんお薬に頼ったわけではありません。よくなって本当にありがたいことです。

細かいことの記述は避けますが、ま~、アトピーの対処について、かなり周りから色々意見されます。皆さん心配して言ってくださることではありますが、アレルギーやアトピーについて、そして免疫学や医学的な観点、そして薬剤について、また自然療法、代替療法の専門的な知識を学んできた私にとって、私の考えとは真逆の、または本当に一時しのぎの対処法を押し付けられることが、一番のストレスで、考え方の違う方に説明し、理解してもらうことの難しさを痛感したのでした。しかし子どもを守りたいと思って私が我慢すればいいことだと耐えました(苦笑)。仕事にいけば、同じ意識の方が集まるので、本当に精神的に楽になり、やはりこれでいいんだと確信でき、励まされました♪

アロマテラピーでの乳児のスキンケアとして、うちの子が落ち着いたのは、ハーブウォーター(ラベンダー、カモマイルローマン、ローズの中からその時によって変えて使いました)、ローズヒップオイル、アルガンオイル、シアバター、ローマンカモマイル精油を入れたジェルを作り、それで保湿するというものです。
基本的に、ドライスキンのアトピッ子の保湿ケアは必須のように言われていますが、過剰な保湿も私は自然な肌のチカラを引き出すことに反すると思っていますので、調子のよい今は、これも塗布しない日もありますが、良好です。

アロマテラピーでの皮膚への働きかけなどももちろん有効ではありますが、基本的には体作りが大事だと思っていますので、足指の刺激もとても大事だと思います。簡単なリフレクソロジーはかなり有効です。
また、食事、食材には気を使っています。肌に触れるものもできるだけ天然素材のものを着せています。

子どもの肌着についてご質問いただく機会が、なぜか最近多いので、一応参考までに私が子どもに着せているお店をご紹介しておきます。私はオーガニックコットンとシルクを主に着せています。オーガニックコットンは扱うお店は多いのですが、子どものシルク服を適正な価格で扱うところは本当に少ないと思います。私も探し回りました(笑)。アルケナはシュタイナーのバイオダイナミック農法のオーガニックシルクが使われています。それでいてリーズナブルで品質がよく安心ですし、とってもお勧めです。
ちなみに、このルドルフ・シュタイナーといえば、私はアロマテラピーを学ぶ中で知った人でした。アロマに関連してシュタイナーの考えに照らし合わせた精油の使い方、またはその精油を得るもとになる有機農法についての意識でシュタイナーを知っていたわけですが、シュタイナーの幼児教育についてはその時はあまり関心がありませんでしたので、いまさらながら、あらためて子どもを生んでからシュタイナー教育を確認しました。私は子どもにテレビ、見せすぎてます(苦笑)・・・

育児情報、健康情報など何かとたくさんの情報が簡単に手に入る世の中ですが、その中で何が一番いいのかとか、どれが効くとかいうことではなく、本当に信用できる内容を選択できるように常に勉強していたいと思います。




スポンサーサイト
この記事のURL | 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2008年ありがとう
2008/12/31(Wed)
今年も一年終わりです。
今日が特別な一日というわけではなく毎日が同じ大切な一日なのですが、やはり大晦日という節目は一年の色んな振り返りや感謝を改めて感じる日でもあります。
思い返すとやっぱり素晴らしい一年であったと思える自分がいます。
出会った皆様、本当にありがとうございました。
来年の春に出産を控え、しばらくはゆったりしたペースになるかもしれませんが、あせらずマイペースで頑張りたいと思います。
皆様、来年もどうぞよろしくお願いいたします。




この記事のURL | 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
リサイクルもストレスなく
2008/12/08(Mon)
ゴミの分別の中で今までとってもストレスになっていた瓶の蓋を取る作業。なんせ、力が要るし、私の大切な商売道具である『指』を切ったり怪我をすることも・・・

これを見つけてからは、そんなストレスとは無縁に~♪感動!!サクサクいけます(笑)。
もっと蓋を取りたいと思うほど快適です。
gonsan 264  gonsan 263


身近な人に、ええで~と自慢げに実演し、「ほしくなったやろ?ほしいやろ、と思って買っといたったわ~」と押し付ける気に入り様。え!?強制販売!?いえ、もちろん、プレゼントですよ(笑)
この記事のURL | 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
物選び
2008/11/23(Sun)
チョコが大好きな私。昔から誰かに「何かほしいもんある?」と聞かれればとりあえず必ず「チョコ」と言っていた。ほんとに頭の中ではチョコが何よりも一番に浮かんできた(笑)
これは最近家族が買ってきてくれた香港のペニンシュラホテルのチョコ達。最近高級チョコはご無沙汰だったが、さすが美味しかった~。
gonsan 252

自分で買う最近のお気に入りはPeople Treeのチョコシリーズ。
gonsan 249
アロマテラピーのクリーム基材としてもココアバターを扱う中で、だいぶん以前からカカオ農場での子供達の悲しい現状などを知ることとなり、大好きなチョコ、そして日本の高級チョコブームに複雑な気持ちを持つようにもなった。
もちろん、カカオに限らず、アロマの世界でもハーブや精油もこれら同様、本当に誠実に無農薬・有機栽培を苦労の上に行なっている生産者が報われない取引も目立つ。それは結局は私たち消費者も本当に求めている誠実で安全な物を手に入れる機会を減らしてしまう結果となっている。それは本当にこの社会の中で様々な面で言えることだと思う。

フェアトレード・・・発展途上国などの貧しい村などに金銭的な寄付や援助をするのではなく、対等なパートナシップ・ビジネスにより機会を提供し正当な対価を支払うことにより支援していく活動のこと、今多くの企業でもこの理念に賛同しフェアトレード商品は増えている。
取引は本来フェアなのが当然としてフェアトレードというその言葉自体に違和感を覚えるというところもあって独自の言葉で表現しているアロマの企業もあるが、その言葉の定義に対する議論は別として、活動の意味や気持ちは同じだと思う。
私たち消費者も、商品を買うという行動を通じて、貧困や環境破壊といった問題の解決の一歩に参加することができる。
だから少し高くても、安全で、目に見える生産者と消費者が明確になっているものを選びたい。
私の知らないところで私の買った物の裏に、誰かが悲しい思いをしていると知った時、それを手にすることに抵抗を持つ。だから知らないでは済ませず生活に関わるすべてを学んでいける自分でいたいと最近切に思う。



この記事のURL | 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
栃木 日光
2008/09/26(Fri)
もう二週間ほど前にことだが、中禅寺湖での一枚。
夕暮れ時の雨が降り出す少し前・・・
いい時間に散歩できました。
gonsan 224

苔も好き♪
苔の色、グリーンにも色々あって奥が深い。そしてフカフカの感触も好き。昔、父に庭の苔をむしって怒られた。苔を大事にしていた父の気持ちが今はわかる(笑)
アロマでもオークモスの香りはあまり惹かれないけれどそれを調香して作る香りは個人的に結構はまっている。
gonsan 222


アロマのベーシック講座などで少しお話したことがあるお菓子の神様、田道間守。講座では兵庫や奈良などに祀られている場所があるとお伝えしましたが、日光にも!!
gonsan 221
ちなみに彼は垂仁天皇の命で、不老不死の「非時香菓(ときじのかぐのみ)」を探しにでかけ、十年の歳月の後、橘の実を持ち帰ったということで、非時香菓=かんきつの橘を伝えたということで「お菓子の神様」とされます。
この記事のURL | 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お茶のひととき
2008/08/01(Fri)
台北中心部の善導寺駅から程近い、徳也茶喫というお店でゆっくりお茶。明朝時代の中国をイメージした店内。ここはとてもおしゃれでかわいい茶器なども販売されていた。私はグラスや茶器の飲み口の厚みにこだわりがあり(いや、こだわりってほどでもないけど・・・)、ぶ厚いものは飲みにくくイヤだのだ。しかしここで売られている茶器は軽く薄く、手書きの一点もので職人さんの腕がうかがえる素敵な絵柄が揃い上質な茶器が並ぶ。それでいて意外とリーズナブルなお値段。しかし割れ物は持って帰るのにためらわれ、そして家ではなかなかこういったお茶の作法を楽しみながら・・・ということはしないであろうため、購入は控える。悲しいかな、現実派。

otya.jpg

私は、この茶芸館で、お金にも換えられないといわれる稀少品のビンテージ茶、「金不換」(約1,000円)を選んだ。一杯目はお店の人がやってくれ、2杯目からは教わったように自分でお茶を入れる。そんな時間がまた楽しい。
お茶の葉はピンからキリまでで素人にはなかなかわかりにくいが、別の店で、高級茶と等級の低い同種の茶と飲み比べをした結果、飲み比べれば断然違う!!とその時は力強く思った(苦笑)。しかし30年物のプーアール茶250gを約6800円、凍頂烏龍茶150gを4000円で買って、後になってその他のお茶やさんで価格を見るたび、そんなに高い物が見当たらず、「あの店でボラレタカ?ほんとにその等級のシロモノだろうか」と少し後悔していたのだが、お茶を飲みに来るとやはり自分で上質な茶葉を買って飲むほうが断然安くすむと実感し、あれは本当に30年もののはず・・・なら安いもんだ・・・と自分を納得させるのだった・・・
この記事のURL | 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
台北でひとやすみ
2008/07/31(Thu)
台湾についてホテルに荷物をおろしてすぐに永康街にMRTで直行!!目的はそう、これ。フルーツかき氷の人気店ピンクァンでマンゴーかき氷♪あ、いつものごとく、撮る前に食べてしまってます・・・
ピングァン ジャンボーマンゴアイス

それにしても今回いいな~と思ったのは、MRT(地下鉄)の切符はIC機能をもつトークン(コイン)。入る時はトークンをかざししてスキャンさせ、改札を出るときには改札機の投入口にトークンを入れる。そしてリサイクル?というかまたトークン売り場で売られる。日本の紙のIC切符よりECOですね。
この記事のURL | 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏の野菜
2008/07/24(Thu)
先日生徒さんにたくさんのお野菜をいただいた。なす、ピーマン、きゅうり、かぼちゃ・・・ありがたい♪
ありがとうございます♪

冷蔵庫にズッキーニとパプリカがちょうど余っていたのでいただいた夏野菜と共に煮込んでラタトゥイユにしてみた。煮崩れる程煮込むくらいが私は好き。
gonsan 207


ナスのわさび揚げ浸しも大量に作ってみた。わさびをダシに入れてちょっとピリッと・・・
gonsan 204

どちらの料理も温かいままでも冷やしてもおいしくいただけるので作りたてと一日置いてからも楽しめる。そしてこれで2食分のおかずになり手が抜ける。フフフ、これが一番大事なポイント!?

この記事のURL | 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
忘れてました
2008/07/17(Thu)
グリーンピース
gonsan 090
すっかり忘れていて芽が出てました・・・恥
この記事のURL | 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
便利なハーブ
2008/07/16(Wed)

できるだけ自然に育てられたおいしい鶏が手に入ったので塩コショウとハーブで焼いただけの料理。これがとっても簡単で素材を生かしていてシンプルでおいしい。
gonsan 086
オレガノ、タイム、ローズマリー、セボリのブレンドハーブ。
フランスで大量に買ってきたがもうこれが最後の一缶。
ああ、きれちゃった後はどうしよ~、と不安になる程これは大活躍なのです。
gonsan 083
最近は、結構いろんな料理用ハーブが多くのメーカーで売られるようになりましたが、やはりハーブの質によって味と香りが違うように思います。
この記事のURL | 生活 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。